小川会計事務所Blog+


税理士 小川修平のBlogです。
official siteはこちら+

次の一手

100816_2018~01

祇園囃子が聞こえれば、夏の始まりを感じ、
五山の送り火で、夏の終わりを感じる・・。

今日もロマンチックが止まらない小川です。

さてさて、
うちの事務所もお盆があけると、急に忙しくなり始めます。

実は、3月決算の次に多いのが9月決算なのです。
ですので、
決算検討会議(利益と納税予測、そして節税対策)や、
金融機関さんとの打ち合わせが続きます。

リーマンショック以降の不況から脱出し、
見事黒字決算を迎える法人もあれば、
赤字決算を組まざる得ない法人もあります。

ただ、過去は変わりません。
それは、歩いてきた結果ですから。


何より大切なのは、
「次の一手」です。
そして、今日のがんばりこそが「次の一手」に磨きをかけます。

さぁ、どんな手を打ちますか?
しびれるような一手を期待しています。



5人の経営者


100724_1907~01
                   

集まった5人の経営者。

食品の卸と飲食店を営む会社の社長。
IT関係の会社を営む会社の社長。
靴の一部をつくる会社の社長。
喫茶店を営みながら、オリジナルCDを作成している社長。
そして、僕。

・・・
・・・

ベンチャーキャピタルを受け入れる相談でも行いそうな雰囲気。

・・・
・・・

そうなんです。

屋台を出したのです。
それも福井県の大野市で・・。
(片道4時間弱、2日連続開催)


お金で動く経営者よりも、
気持ちで動く経営者。

客観的に見ていても、
どこよりも行き届いたサービスや思いやり。
社長たる所以です。


真黒になったみんなの笑顔。

本当にお疲れさまでした。

花の色


暑いですね・・。

とけそうですね・・。

海に行きたいですね・・。


この会話を今年だけで100回ぐらいしている小川です。

さて、
お客様の事務所に少し早く着きそうだったので、
車を停めて、琵琶湖を眺めていました。
(決して事務所でいじめられて、すねている訳ではない)

で、ふと見れば道路沿いの木の下には、
たくさんの花が咲いていました。

あたり前の話ですが、
誰かが手入れして下さっているからこそ、
これだけきれいに咲いている訳です。

でも、車を停めなければ気付かなかったこと。


経営者の大切な仕事。
小さな優しさ、気配り、親切にどれだけ気がつけるか。


走ってばかりでは見えない世界があるのならば、
止まってみるのも、たまにはいいもんです。



社長の近くに咲いている花の色は、

100723_0906~01



何色ですか?




「陰」と「陽」の織りなす世界


「陰」と「陽」。

易経の世界においては、
この2つの無限の変化こそ人生であると説かれています。

「陰」と「陽」。
「終わり」と「始まり」。
「別れ」と「出会い」。
「死」と「生」。

きっと、
悪いことばかりの人生なんてありはしません。
きっと、
いいことばかりの人生なんてありはしません。



失ったからこそ、得られるものがある。

だから、
前を向いて、がんばって下さい。


上手くいっているからこそ無くすものがある。

だから、
周りの人達に感謝しましょう。


経営も、人生も、所詮は人間のすること
・・・哲学は一つです。

数字の限界


「決算書というのは客観的な事実を表す」

損益計算書は、今年の成績表であり、
貸借対照表は、今までの歩き方を示す。

税理士という仕事をはじめて、
決算書の持つ重さと、強さをずっと感じていました。

僕自身、決算書という数字の集合体が、
万能であると信じていた訳です。

ただ、今となっては、
万能性を信じていた数字の限界を痛感します。

決算書の最大の弱点。

それは、「人」が表現できないこと。

決算書では、
「人」は「給与」という勘定科目でのみ表され、
あたかもコストのように扱われています。

社長の人間性や先進性、
抜群のマーケティングセンスや、
笑顔が素敵なところ・・・
従業員さんの団結力や会社への思い、
成長への意欲や優しさ・・・

企業という組織において、
最も大切な財産であるこれらの「人」が資産と表現されない。

そして、
税理士を含めた企業経営のかかわる多くの人が、
それを当たり前のように思い込み、感じている。

僕は、
税理士という肩書きと、
人財コンサルタントという肩書きを使います。

それは、この思い込みへの自戒の意味。

「人」をコストではなく「資産」と考える経営方針。
「人」は「材」でなく、「財」であると考える経営方針。
僕にとっての、
小川会計事務所にとっての、
揺るぐことのない視座の一つです。
=PLOFILE

shu

+GALLARY
  • 2012.11.21
  • 2012.11.21
  • 租税教室
  • あけましておめでとうございます。
  • 祇園精舎の鐘の声
  • 7月8日
  • 待ち合わせの時間
  • コトバの中のココロ
  • 小さなホスピタリティ
  • 真実は遅れて伝わるもんです
  • 一致団結
  • 小川会計事務所3周年
  • どこまでも歩け歩け
  • モノづくり
  • トップダウン
÷LINK
1
=INFOMATION
mbp_logo

↑↑京都新聞社より、取材戴き ました。是非御覧下さいませ!
*COMMENT
  • ライブドアブログ